設備架台を設置しました。

f0217835_1837892.jpg

今日は、熊本県にある大学に行ってきました。
天気も良く、春らしい気持ちのよい仕事日和でした。
右側の建物の屋上に設備用の鉄骨架台を設置します。

f0217835_18403150.jpg
基礎のコンクリートに穴をあけ、きれいに掃除をし、
ケミカルアンカーと呼ばれていいる樹脂を注入します。
(写真撮るの忘れた!)

f0217835_18544031.jpg
M16のボルトを使用すると、最大約10tの引っ張りに耐えることができます。
軽自動車だと、12台ぐらいは吊れるかも!
(コンクリート強度や施工状況にもよります)

f0217835_1985471.jpg
設置完了です。
鉄骨が銀色に見えるのは、溶融亜鉛メッキ加工です。
錆が、100年近くは発生しないと思います。
(生きていないので確認はできませんが!)


f0217835_1995472.jpg
後は、設備の業者さんがクレーンで、機械を荷揚げします。
左側に見えている65tクレーンを使用して、鉄骨を取付けました。
ちなみに軽自動車だと、     約81台を一度に吊ることができます。
(屋上までは無理ですよ!)
[PR]
by ironman-n | 2010-03-19 19:35 | 今日の仕事
<< モノレール工事 納骨堂の鉄骨工事 >>